南大阪で中古マンションを購入する時に何箇所かリフォームしました

サイトマップ

シンプルな部屋

バリアフリーにリフォーム

シックな部屋

リフォームをするときに、バリアフリーにすると住みやすくなります。家の中を歩きやすいように手すりを付けたり、段差をなくしたり、車いすで移動できるスペースを作ると、高齢者になったときに生活しやすくなります。元気な時には気が付きません。
マンションでは、玄関の段差は少ないです。しかし、一軒家では段差が気になります。リフォームで段差を少なくしておくと、杖を突いた状態でも上り下りが可能です。段差の間に低い段を作ったり手すりを設けます。家の階段は段差を減らすことはできませんが、手すりを付けておくと便利です。部屋と廊下の段差は、廊下のフローリングの張替えの際に段差を減らすようにすることができます。高齢になると、ちょっとしたことでも転倒しやすく危険です。
お風呂の問題もあります。ユニットバスにリフォームすることも住みやすくなります。足が悪くなると、深いお風呂には入りにくくなります。昔ながらのタイル張りのお風呂は寒いので、部屋との温度差で倒れてしまうこともあります。ユニットバスは保温効果があり、床暖房をつけることもできます。温かいお風呂に入ることは、血行が良くなり長生きできる秘訣になります。お風呂をバリアフリーにリフォームすることは、リフォームの魅力です。

New Information

ソファ

家族が笑顔になるために

古い家は間取りが大きくて、広々としていますが、実はそこには家族の問題点も多いです。間取りが大きいと、広すぎて、床に荷物をそのまま置いたり、無駄にスペースが広いので、散らかったりします。…

階段

リフォーム時に業者と良好な関係を築くには

業者にリフォームをお願いする場合に、業者のスタッフとどう接するべきかわからないという方も多いのではないでしょうか。リフォーム前やリフォーム中には、以下のような点に気を付けることで、業者…

シックな部屋

バリアフリーにリフォーム

リフォームをするときに、バリアフリーにすると住みやすくなります。家の中を歩きやすいように手すりを付けたり、段差をなくしたり、車いすで移動できるスペースを作ると、高齢者になったときに生活…

ベッドルーム

子供の頃のリフォーム経験

私自身結婚してから、リフォームをした事もしようとした事もありません。私の子供の頃のリフォーム経験の話を書きたいと思います。小学校低学年の頃、大掛かりなリフォームをしようとしてい…

New List

TOPへ